しみそばかすを消す化粧品


しみそばかすの原因を知って、美白対策を。

しみそばかすを消す化粧品選びで最初に考えなければいけないのは
しみそばかすの原因についてです。
しみそばかす予防で一番、重要なのは、紫外線を浴びないことです。紫外線に注意すべき季節は夏だけではありません。春夏秋冬、雨や曇りでも、紫外線は降り注いでいるのです。

 

外に出る際は必ず、帽子やサングラス、日傘などの対策は必須です。また、日焼け止めをこまめに塗ることも大事なことです。おろそかにしがちですが、たいていの火焼止めクリームは、1時間ももたないので、日焼け止めクリームは繰り返し塗った方がいいんですね。

 

そして、普段は気をつけていたとしても、油断して日焼けしてしまうと、その1回だけでも、シミになってしまうことがあります。

 

また、できてしまったシミはターンオーバーで少しずつ排出されてますが、保湿や紫外線対策をしていないと、同じところにシミができます。なので、シミがまた出来ないためにも、代謝をよくし、ターンオーバーを促しましょう。そして、紫外線対策を手抜きしないことが重要になってきます。

 

また、お肌が乾燥すると紫外線の影響を直に受けやすくなるので、水分をしっかり浸透させることがポイントになってきます。


しみの種類を知って美肌に。

実は、しみの種類はたくさんあります。

 

肝斑(かんぱん)

 

頬 骨や鼻の下あたり、額に左右対称にできるシミのことをいいます。

 

30〜40代の女性によくできるしみです。女性ホルモンが関係し、妊娠中やピル服用中などにできやすいといわれています。

 

シミを悪化させないためには、紫外線を避け、ホルモンのバランスに気をつけることです。そして、レーザー治療はシミを濃くしてしまう可能性があり向いていません。

 

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

 

紫外線が原因でできるシミ。若い時から日焼けをしていた人にできやすいシミです。出来やすい場所は、頬骨など紫外線の当たりやすい箇所です。初期症状のものものは、美白化粧品などで薄くなる可能性があります。

 

太田母斑(おおたぼはん)

 

額、目のまわり、頬などに生まれつきある茶褐色や青色のアザでのこと。日本人に多い。生後間もなく現れるものと、思春期ごろにできる2種類があります。レーザー治療で取ることができるシミです。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

 

ソバカスのこと。鼻を中心に小さな斑点が散らばったように出る状態。遺伝的なもの。子供の頃から出ている。レーザー治療で取れる。

しみの予防と美白対策でシミなし美肌へ

しみの予防と美白対策に関して。しみの予防は、紫外線を避けることはもちろんですが、自分に合った日焼け止めクリームを見つけることが重要です。
そして、ビタミンCのサプリをとるのも予防になります。美白化粧品とともに食べ物でビタミンを摂ることで、最強美白対策となります。

 

美白をうたった美白化粧品はたくさんありますが、しみ予防には、あまり効果はない、と感じていました。しかし、美白成分に注目して、ハイドロキノンやシムホワイト377配合のコスメを使い始めたら、肌が全体的に明るくなりましたよ。

 

 

ハイドロキノンという美白成分は、今、皮膚科医や化粧品の業界で注目されています。「肌の漂白剤」ともいわれるほど、協力で、シミの元になっているメラノサイトという細胞の働きを弱めて、メラニンが増えないようにしてくれます。

 

私の場合、濃くなる前の薄いシミだったので、効果をより感じました。

 

 

 

しみ予防、美白対策をまとめると、

 

ビタミンCサプリ摂取
イオンスチーマーなどで保湿対策
栄養のとれた食事
睡眠
美白コスメ
紫外線を避ける

 

などトータルに考えて実践することが、結果的にしみ予防、美白対策につながるといえます。


しみを薄くする方法

しみを薄くする方法についてです。やはり、しみを薄くするには、少し時間がかかってしまいます。でも、シミを消すのは不可能ではないのです。なので、焦らず、長い目でみましょう。

 

一度出来てしまったシミは簡単には薄くしたり消すことは出来ませんが、しみを薄くする努力を続けていれば、改善できます。その具体的な方法としては、

 

ビタミンCを多く含む食べ物を摂る。

 

毎日しっかり洗顔し、肌のターンオーバーを促す。

 

効果のある美白化粧品を使う
(特に、ハイドロキノンやシムホワイト377配合の美白コスメはおすすめです)

 

紫外線を避ける。

 

ファンデーションの下地にはSPF配合の化粧品を使う。

 

外に出る日は日焼け止めをこまめに塗る。

 

という様な生活を継続することです。
また、効果のある美白化粧品としておすすめしたいのが、私も愛用している、ドクターズコスメ、ビーグレンです。

 


しみ美白に効果的な化粧品ならビーグレン

しみそばかす美白に効果的な化粧品といえば、ビーグレン化粧品です。実際に購入しました。ビーグレンのトライアルセットは手ごろな価格なので、お試ししやすいものとなっています。

 

ビーグレンの化粧品の特徴は、なんといっても、浸透力です。肌にのせると、ほのかに温かみを感じられます。これがビーグレンが独自で開発した浸透テクノロジーなのだな、と実感できました。また、手と肌がべたっと吸着する感じが面白いです。

 

私は敏感肌なので、強い成分のものはヒリヒリ感じるのですが、ビーグレンは大丈夫でした。美白成分ハイドロキノンも入っているので、最初は心配していたのですが、問題なかったです。ハイドロキノンという成分は効果にも定評がありますが、含有率が高いと、肌あれしたり、痛く感じたり、副作用を感じる人もいるようです。

 

その点、ビーグレンでは、含有率こそ、1.9%ですが、独自のナノカプセル浸透技術を使うことで皮膚科医が処方する4%レベルのハイドロキノンクリームと同等の美白効果が期待できます。(※アメリカでは2%以上ハイドロキノンが配合されていると、「薬」と分類されます。)

 

ビーグレンのしみそばかすを消すためのトライアルセットは1週間から10日間分なので、それでしみが薄くなったと実感することはありませんでしたが、使い心地がよいので、継続して愛用しています。半年以上使いはじめたころから、顔が全体的に明るい印象になりました

 

そして、私のしみは薄いものだったからかわかりませんが、ファンデーションを塗っていれば、ほぼわからないぐらいにまでしみが消えました。しみが消えるまではもっと時間がかかると思っていましたが、満足しています。ビーグレンはしみの改善と予防にも適した美白コスメなので、今後も継続して愛用しつづけようと思っています。

 

【b.glen】ビーグレン公式サイト

 

 

 

 

 

自動相互リンク集GF